ツインエレナイザーPRO2 違い

美顔器「ツインエレナイザー」PRO2とPRO(旧商品)の機能の違い

ツインエレナイザーPRO2とPRO(旧商品)の違いを見てみましょう。

 

まずは本体、外観の違いから。
長さ170×幅50×厚さ46mmと本体サイズは違いがないのですが、写真で見ると形状の違いからかツインエレナイザーPRO2の方がほっそりした印象を受けます。約160gと重さも新旧で違いがありません

 

特徴的な大きな違いはヘッド部分です。大幅に変わったのがよくわかります。ヘッド部分が可動式になり、操作時、手首の角度をあまり変えないでもヘッド部が顔の形に沿ってぴったりと密着できるような構造となりました。ヘッド構造だけでなくヘッド自体の形状も違います。ヘッド部分の周りに小さな突起(リフトブースター)が配置されるようになりました。

 

では、機能の違いを見てみましょう。

ツインエレナイザーPRO2の機能

  1. イオンクレンジング(毛穴の奥の汚れ除去する効果)
  2. ツイン導入(超音波+イオントリートメント。肌へ浸透させる効果)
  3. ツインリフト(高周波(RF波)+超音波。血行を良くし肌を引き締める効果)

ツインエレナイザーPROの機能

  1. イオンクレンジング(毛穴の奥の汚れ除去する効果)
  2. ツイン導入(超音波+イオントリートメント。肌へ浸透させる効果)
  3. マイクロカレント&ソニック(マイクロカレント+超音波。血行を良くし肌を引き締める効果)

 

違いは3番目の赤文字部分。肌を引き締める効果を得るためにツインエレナイザーPRO2は高周波(RF波/ラジオ派)を、ツインエレナイザーPROはマイクロカレント(生体電流に似た微弱な電流)を使っています。

 

PRO2は高周波(1MHz)を使用することで、より肌を温めやすく血行を良くし、引き上げやすい状態をサポートできるようになりました。またヘッド部分の周囲にはリフトブースターが配置され、高周波の温熱効果を高めています。PRO2になって、より肌の引き締め、リフトアップを狙った仕様となっているのがわかります。


美顔器「ツインエレナイザー」新旧使い勝手や効果の違い

ツインエレナイザーPRO2になって、操作感や肌への影響にどのような違いがあるのでしょうか。楽天市場のレビューから探ってみましょう。

 

ヘッド可動式

  • ヘッドが動くので顔にフィットする
  • より肌にフィットするようになったと思う
  • ヘッドが稼働する分細かい部分にも届きやすくなった
  • ヘッドも動くので使いやすい
リフトブースター(ヘッド周りの突起)

  • ヘッド周りの突起がいい刺激になり気持ちいい
  • ヘッドにツブツブが付いてマッサージができて気持ちいい
  • 廻りの突起から発熱し気持ちいい
総合評価

  • 旧タイプと比べてかなりしっかりした作りになった
  • リフトアップ効果もより高まったと思います
  • 持ち手もスリムになって使い勝手が良くなった
  • 以前のものより軽く扱いやすい
不満

  • ヘッドがぐらぐらする仕様のためコットン&リングがセットしにくくなった
  • リングが装着しづらい
  • イボイボの間に残ったジェルの掃除が面倒…
  • ヘッド部分の突起が使い終わった後拭き取りづらい

美顔器「ツインエレナイザー」PROとPRO2の違いのまとめ

ツインエレナイザーPROとPRO2の違いを機能の面からと、ユーザーのレビューから見てきました。

 

ツインエレナイザーPRO2ではヘッドが可動式になったことで顔によくフィットするようになったという方がいる中で、逆にヘッドが動くのでコットンリングが着けづらいという方もいるようです。興味深い口コミページの口コミその8でも記載したように、コットンリングの操作性はツインエレナイザーPRO2の欠点の1つと言えます。ただし顔へのフィット感は旧モデルのPROより向上していると言って良さそうです。

 

新旧で大きな違いとなっているヘッドの周囲に設置されたリフトブースターは、刺激になって気持ち良いと評判が良いようですが、これが仇となって使用後の清掃がしにくいという点をあげているユーザーが多いのも確かです。構造上仕方ないとはいえ、改善してほしい点ではありますね。

 

新旧の機能の違いと使い勝手の違いから見て、総合的にはツインエレナイザーPRO2になったことで欠点はあるものの使いやすくなり、性能もアップしたと感じているユーザーがいるのは間違いないでしょう。

 

ツインエレナイザーPRO2公式サイトはこちら